教育資金の積立て計画されていますか。
幼稚園から高校までの学習費総額は、すべて公立に通った場合では約527万円、

すべて私立に通った場合では、約1,771万円と算出されています。

 

高校入学から大学卒業までの入在学費用は約975万円となり、一人暮らしになればその準備と大学4年間の仕送りに約621万円が必要となります。
これだけの資金を一度に用意するのは難しいと思われる方も多いのではないでしょうか。
教育資金の積立ては早ければ早いほど良いとされているため、学資保険などによる準備が必要とされています。

 

 

学資保険は、大事な子供の将来の教育費を積み立てる保険です。

メインの契約と、学資保険特有の特約で構成されています。一般的な学資保険は、子供の進学時期などに合わせて「お祝い金(生存給付金)」を受け取ることができます

 

学資保険には親(契約者)が死亡または高度障害状態になったときに、以降の保険料の払込みが免除されるという特徴があり、それが、預貯金などの積立とは異なります。学資保険特有のメリットとです。

 

注意点は、途中で解約すると損をするということです(正確には払込年数による)。つまり、始めから無理のない保険料に設定することが一番重要なのです。また、下図の特約Bに該当する部分の保険料は掛け捨てとなるため、これを付加するかどうかについては、個々の状況に応じて判断が必要となります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です