変額保険とは、特別勘定の資産の運用実績に基づき、保険金額や解約返戻金が変動する保険のことです。それに対して、死亡保険や個人年金保険は、加入時点で保険金額や満期保険金が確定しているので、変額保険に対して「定額保険」とも呼ばれています。

 

 

(変額保険は国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は既払込保険料を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります)

 

 

変額保険の種類には、「終身型」「有期(養老)型」「年金型」などがあります。一般的に、一時払いでまとまったお金を運用する商品が多く、解約返戻金や満期保険金は運用状況により変動しますが、死亡保障額については保障されています。

注意したいのは、変額保険は運用実績によって大きくお金を増やせる可能性がありますが、そのときどきの株価や運用先の状況によって減ってしまうリスクを伴うということです(ハイリスクハイリターン)。また、お金が必要となったときに、株価下落で返戻金が減少しているということもありますので、加入の際はその点を納得の上で選ぶ必要あり。

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です