死亡保険とは?

死亡保険(しぼうほけん)とは、保険加入者である被保険者が何らかの理由で死亡した際に、残された家族に対して保険金が支払われる生命保険の一種で、よくイメージされる生命保険と同じと捉えていただいて問題ありません。

 

死亡保険とは被保険者が死亡した場合に保険金が支払われる保険です、厳密には「定期型」「終身型」「収入保障型」などいくつかの種類があり、高度障害や介護が必要になり働けなくなった場合に出る給付金といった保険もあります。

 

生命保険文化センターの実施した「生活保障に関する調査(平成28年度)」では、男性では80.6%、女性では81.3%と、、日本人の約8割は生命保険に加入しています。

男女とも30~50代で加入率が最も高く、若い時は意識をしないかもしれませんが、私たちの生活と生命保険は切っても切り離せないものといえます。人間必ず最後を迎えますので、必要になります。

 

死亡保険は=生命保険と捉えて問題ありません。が、そもそも死亡保険は本当に必要かという疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。万が一のとき、対象者が死亡した際に保険金を受け取れる仕組みの保険が死亡保険ですが、実際に効果が適用されるのは加入からかなり先になることがほとんどです。残された家族のお金となりますので、家族でよく話し合ってから加入しましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です