自分が知らないまま家族が加入していたり、セールスレディーにすすめられるまま、保険に加入し、そのままにしていませんか?大事なお金を払うのですから、少しでも基礎知識をみにつけて、自分の加入している保険と照らし合わせてみましょう。

 

医療保険とは一般的に「入院保険」のことを指します、CMなどでは、入院保険といわれることが多いです。内容は主に、「病気」や「ケガ」での入院を条件として入院や手術をした場合に保険金が支払われる保険のことです。

近年、医療技術の発達・高齢化社会、などが要因で、入院日数が短くなり、通院するケースが増えつつあります。また先進医療など、日々新しい治療技術が開発されていることから、医療保険を選ぶ際にはしっかりと比較・検討し、自分と時代に合ったものを選ぶことが重要です。何十年前に加入した保険が、退院後に申請したら、適用の病気で保険金がでないこともありますので、要注意です。

 

単独の医療保険は他の契約と別に独立しているため商品も増えています。
病気やケガのリスクは大人・子供・高齢者・各年齢層にも共通に言えますので、入院保険(医療保険)は、一生を通じて必要な保障といえるでしょう。

 

今後、医療保険の負担額が増える恐れもありますので、「貯蓄が十分にないと思う人」は是非検討してみてください。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です